ロボットの小学生の教室ってあるの?

小学生の頃、競技スキーのチームに入っていました。

スキー場のあるところに住んでいたため、ほぼ自動的に地元のスキーチームに入らされていました。そこに住んでいた子ども達のほとんどが入っていたこともあり、特に疑問も持たずにやってはいました。
 スキー場がオープンしてから終わるまで練習が続きます。ナイター練習が週に3回、それから日曜日は丸一日でした。このナイターがとても嫌で嫌でたまらなかったのを今でもはっきり覚えています。ナイター練習は18時から20時までだったのですが、とにかく寒い!!どんなに暖かいという手袋をしていても、厚い靴下を履いていても指先、足先がかじかんでしまい感覚がないような状態。
 スキーは嫌いではないけれど、かといってがんがん練習に打ち込めるほど好きでもなかったので、ナイターの寒さに本当に苦しみました。時々トイレに行って、暖をとってホッとして出てくるのもつかの間、すぐにまた指先が凍って・・・。
 チームに入っていたおかげで、大人になった今でもたいていの斜面は滑ることができますが、ナイターだけはいきたいとは全く思えません。想像するだけであの寒さに凍えた感覚が蘇ってきて、震えてしまいます。楽しかったこともたくさんあっただろうけれど、今では「とにかく寒かった」という思い出のスキーです